Mary Sharpe最高経営責任者

Mary Sharpeはグラスゴーで生まれ、教育、法律、医学を通じて公共サービスに専念する家族で育った。 若い頃から、彼女は心の力に魅了され、それ以来それについて学んできました。

教育と専門的な経験

メアリーはグラスゴー大学でフランス語とドイツ語で心理学と道徳哲学の修士号を取得しました。 彼女は法律の学士号でこれに従った。 卒業後、彼女は弁護士として働き、擁護者として働きました。 次の13年の間、メアリーはスコットランドとブリュッセルの欧州委員会で働きました。 彼女はその後ケンブリッジ大学で大学院での仕事を引き受け、何年もそこで家庭教師になりました。 2012で、メアリーは法廷の技術を更新するために、支持者の学部、スコティッシュバーに戻った。 2014で彼女はThe Reward Foundationを設立するために練習をしなかった。 彼女は正義の大学および支持者の教員のメンバーのままです。

ケンブリッジ大学

メアリーはケンブリッジ大学の2000-1に出席して、古代古代から初期の共同時代までの性愛とジェンダー力の関係についての大学院での研究を行いました。 これらの対立する価値体系は今もなお世界に影響を与えています。

持続的なピークパフォーマンス

In addition to her research work, Mary trained as a workshop facilitator at the University with two international, award-winning organisations using research from psychology and neuroscience in an applied way. As technology was becoming more embedded in people’s lives, Mary designed her own 2 day workshop for the University of Cambridge’s graduate development department. The workshop was called “Sustaining Peak Performance”. It is a practical, evidence-based course to show how we learn, change habits, make decisions and become aware of the risks around overuse of technology. The focus was on developing resilience to stress, connecting with others and becoming effective leaders. She also worked as a mentor to enterprise students and as a science writer for the ケンブリッジ-MIT研究所。 これはマサチューセッツ工科大学(MIT)とケンブリッジ大学との合弁事業です。

研究開発

ケンブリッジ大学への彼女の所属は両方を通して残る セントエドモンド大学ルーシーキャベンディッシュカレッジ where she is an Associate Member. Mary spent a year as a Visiting Scholar at St Edmund’s College, University of Cambridge in 2015-16. This allowed her to keep apace of the research in the emerging science of behavioural addiction. During that time she spoke at a dozen national and international conferences. Mary published an article on “Strategies to Prevent Internet Pornography Addiction” available こちら (ページ105-116)。 彼女はまた、の章を共著しました。 性犯罪者と働く - 実践者のためのガイド Routledgeによって公開されています。

メアリーは、行動嗜癖に関する研究をメンバーとして続けています。 行動依存症研究のための国際学会. She presented a paper at their 6th International conference in Yokohama, Japan in June 2019. She publishes 研究 査読誌のこの新たな分野について。 最新の論文が見つかります こちら.

報酬基金

性的愛についての科学的研究を公に利用できるようにする考えは、まず2006で結晶化した。 その年、メアリーはポルトガルの第3回国際肯定心理学会で「性と中毒」に関する論文を発表しました。 インターネットは懸念になり始めたばかりだった。 しかし、基礎を作るためのアイデアは、実際に次のイベントの結果として2012の後に開発されました。

テクノロジーエンターテインメントとデザイン(TED)

滞在期間の長さによって発生する TED コンセプトは「共有する価値のあるアイデア」に基づいています。 これは、ライブでもオンラインでも利用可能な教育および娯楽のプラットフォームです。 Maryは2011でエジンバラのTED Globalに参加しました。 その後間もなく、彼女は最初の組織を共同組織化するよう求められました。 TEDx 2012のグラスゴーイベント。 参加したスピーカーの1人はゲイリー・ウィルソン氏で、 ウェブサイト 脳に関するオンラインポルノの影響について "偉大なポルノ実験". Since then that talk has been viewed over 12.6 million times and been translated into 18 languages.

Gary Wilsonは彼の人気のある話を優れた本に拡張しました。 あなたの脳ポルノ:インターネットポルノと中毒の新興科学。 彼の仕事の結果として、 何千人 have stated on porn recovery websites that Gary’s information inspired them to experiment with quitting porn. They have reported that their sexual health and emotional problems began to diminish or disappear since quitting porn. To help spread the word about these intriguing and valuable social health developments, Mary co-founded The Reward Foundation with Dr Darryl Mead on 23rd June 2014.

私たちの理念

Porn use is a personal choice. We are not out to ban it but we do believe it is a high risk activity. We want to help people make an ‘informed’ choice about it based on the evidence from the research currently available.

私たちは、インターネットポルノへの子供たちの簡単なアクセスを減らすキャンペーンを行っています。 研究 論文は、それが脳の発達の彼らの脆弱な段階で子供たちに損害を与えていることを示しています。 の劇的な上昇がありました 子供同士の性的虐待 過去の7年間、私たちのワークショップに参加したことがある医療専門家によると、ポルノ関連の性的怪我で 死亡。 我々は、英国政府のデジタルエコノミー法2017を要求しています。 年齢確認 それが最初にそして何よりも子供の保護対策であるのでユーザーのために。 銀の弾丸ではありませんが、必要な良い出発点です。 それはリスクについての教育の必要性を置き換えるものではありません。 そして、私たちが何もしなければ誰が利益を得ますか?

賞とエンゲージメント

私たちの最高経営責任者(CEO)は、財団の活動を発展させるために2014以来多くの賞を受賞しました。 それは、スコットランド政府が支援する社会イノベーションインキュベーター賞を通じた1年間の研修から始まりました。 これはで配信されました メルティング·ポット in Edinburgh. It was followed by two start up awards from UnLtd, two from the Educational Trust and another from the Big Lottery Fund. Mary has used the money from these awards to pioneer digital detoxes in schools. She has also developed lesson plans about pornography for teachers to use in schools. In 2017 she helped develop a one-day workshop accredited by the Royal College of General Practitioners. It trains professionals about the impact of internet pornography on mental and physical health.

メアリーは、 セクシュアル・ヘルスの推進団体 in the USA in 2016 and has produced accredited training workshops for sex therapists and sex educators about problematic use of internet pornography by adolescents. She contributed to a   for the National Organisation for the Treatment of Abusers on “Prevention of Harmful Sexual Behaviour” and also delivered 3 workshops to practitioners about the impact of internet pornography on harmful sexual behaviour.

2017では、メアリーは 仲間 ストラスクライド大学の青少年および刑事司法センターで。 彼女の最初の貢献は、グラスゴーで開催された7 March 2018のCYCJイベントでの講演でした。 グレーの細胞と刑務所細胞:脆弱な若者の神経発達と認知のニーズを満たす。 2018では、彼女は WISE100 社会的企業における女性リーダー。

慈善団体で働いていない時、メアリーはウォーキング、水泳、旅行、ダンスを楽しんでいます。

メアリーにメールでお問い合わせください mary@rewardfoundation.org.

印刷フレンドリー、PDF&電子メール