同意とティーンエイジャー

同意とティーンエイジャー

セックスやティーンエイジャーへの同意の問題は複雑です。

いかなる形態の性的行為に対する同意の年齢も男女共に16であり、成人と16の下の誰かとの間のいかなる性的行為も犯罪です。 同意の年齢は、性別や性的指向にかかわらず同じです。

13〜15の若者同士の性交(膣、肛門)およびオーラルセックスは、たとえ両方のパートナーが同意したとしても違法です。 考えられる防御としては、一方のパートナーがもう一方を16以上の年齢であると考えていたことが考えられます。

性的行為が侵入的またはオーラルセックスを含まない場合、考えられる防御があります。 これらは、高齢者が16以上の年齢であると若い人が信じていた場合で、以前に同様の違反で起訴されたことがない場合、または年齢差が2年未満の場合です。

スコットランド政府からのガイダンス 16未満での性的行為のすべてのケースが児童保護の懸念を持つわけではないことを認めていますが、若者は依然として性的発達および人間関係に関して支援を必要としている可能性があります。

これは少しです ビデオ 性的な問題の同意について。 これは、この重要な主題についての議論を開くために使用できます。 セックスについての議論は親だけのためにあるべきだと考える人もいますが、特にポルノの影響の背後にある科学を教える上で学校が果たす価値のある役割があります。 親もこの分野の発展に遅れをとらず、子供たちと定期的に話し合う必要があります。 親はどんな子供の人生においても主要なロールモデルであり権威者ですが、反抗的であるように見えます。

性的行為への同意は、特に青少年と初期の十代の若者の間では、非常に繊細な問題です。 誰もがセックスについて話していて、多くの人が互いに競い合って、誰が最初に新しい活動を試みるかを見ています。 スマートフォンとタブレットによるポルノへの広範なアクセスは、ほとんどの両親が嫌悪感を覚える方法で、若者が商業ポルノのパフォーマーからセックスと愛を学んでいることを意味します。 ポルノは今日はソフトコアのようではありません プレイボーイ型 過去の雑誌。 女性または女性化さ​​れた男性に対する暴力、攻撃性、性的暴行は、無料で入手できるビデオの少なくとも90%で標準となっています。 実際に実際の人と集まる前にこの資料を何年も毎日見ていると、安全で愛情のある合意に基づくセックスについてのXNUMX代の男性または女性の理解が深刻に歪む可能性があります。

ガールズ 魅力的であるとみなされ、愛情に満ちています。 これは彼らがセックスをする準備ができているという意味ではありません。 彼らは自分の性的負担のある身体を扱う方法を学んでいるだけです。 彼らが練習し、新しい外見や行動を試してみると、彼らは男の子のように見えるかもしれません。 境界について学び、間違いを犯すことは、コミュニケーションについての学習の通常の部分です。 1人の16歳の若い女性は、

"私は何が欲しいか分からない。 私はちょうど好きになりたい...他の誰もが話していることを試してみて、彼らがやっていると言いたい」

彼女はまた、彼女がその後後悔した性的行為を実行するように強制されたと言いました。 彼女は痴女に恥じたくない。 多くの女の子は、「親密になり、個人的に」なり始めた後、男の子を止めるのは「失礼」だと考えています。 すべての年齢の女性は、自己主張する方法を学び、自分が快適にできることについて明確な境界を確立する必要があります。

ボーイズ 一方で、この強力な性的エネルギーを持ってパートナーと一緒にドライブを試してみたいです。 彼らはまた、他の男性の目の中で本当の男性と見なされたい。 それらは、その目標を達成することについて非常に決定され、一心になることができます。 男性グループへの忠誠心は、通常、絆を結びたい、または女の子と恋人を結ぶという欲望よりもはるかに強力です。 彼らは自分の体の新しい性的な力をコントロールすることを学んでいるだけです。 彼らはまた、パートナーが本当に同意しているものについて深刻な判断ミスをする傾向があります。

だから、体が強く無意識の性的な信号を交換しているかもしれないが、それはそれぞれの人の心が他の人と同じ程度セックスをする準備ができていることを意味するものではない。 また、常に男性が支配的な力であるとは限らず、多くの女性が性行動を開始する際に主導権を握っています。 これは、同意の微妙な問題、レイプとレイプの試作が行われた場所です。

親密な状況でのコミュニケーションについての若者の教育は、健康な性的発達を改善するための鍵です。

これは法律上の一般的なガイドであり、法的助言を構成するものではありません。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール