法律上の同意

法律上の同意は何ですか?

これは法律上の一般的なガイドであり、法的助言を構成するものではありません。

滞在期間の長さによって発生する 2003のイングランドとウェールズでの性的犯罪行為、 そしてその 2009のスコットランドにおける性犯罪法刑法上の訴追の目的で同意が何を意味するのかを明らかにする。

この法律は、強姦の伝統的な定義をすべての性的アイデンティティを含むように拡張し、「人物(A)が陰茎で膣に浸透するのを犯す」(B)その人の同意なしに、そしてBが同意するという合理的な信念なしに、意図的にまたは無謀に

スコットランドの法律の下では、「同意は自由契約を意味する」

"59。 (2)(a)は、アルコールやその他の物質の影響により、苦情申立人が不可能な時点で行為が行われた場合に同意する自由契約はないことを規定しています。 この項の効果は、アルコールを摂取したり、中毒物質を摂取した後に性的活動に同意できないことを規定することではありません。 人はアルコール(または他の中毒物質)を摂取している可能性があり、酔っていても、容認する能力を失うことはありません。 しかし、性的行為に参加するかどうかを選択する能力を失うほど酔っぱらったところで、性的行為は苦情を受けた者の同意なしに行われます。

文脈でそれは何ですか? 民法では、例えば契約を結ぶときは、同意は同意することを意味します。 刑法では、許可に近いものを意味します。 どちらの法律部門も、その中に権限の使用と濫用という概念を含めるよう努めている。 「同意」を決定することは、性的犯罪における刑法の最も複雑な分野の1つです。 これには主に3つの理由があります。

まず、他人の心に何が起こっているのかを知ることは非常に困難です。 性交は今すぐOKか、それとも後で性交の可能性をもってデートを始めるように誘われているという信号を流していますか? 女性が性的に従事することを女性に「励ます」ことにもっと男性が支配的であり、女性はより従順で遵守することが社会的規範か賢明か? インターネットのポルノは確かに性関係のこのビューを促進します。

第二に、性行為は通常、目撃者なしで個人的に行われます。 つまり、何が起こったのかについて論争がある場合、ju審員は基本的に、ある人の話を他の人よりも選択する必要があります。 彼らは通常、当事者の心の中にあったかもしれないものに関して、事件までのリードで起こったことの証拠から推測しなければなりません。 パーティーやパブでの振る舞い、または以前の関係の性質(ある場合)。 関係がインターネットだけで行われている場合、証明するのが難しくなる可能性があります。

第三に、性的暴行の結果として生じる苦痛のため、苦情申告者の事実の記憶やその後のコメントや声明は様々である。 これは、他の人が実際に何が起こったかを知ることを困難にする可能性があります。 アルコールや薬物が摂取された場合、状況はさらに困難になります。

思春期の人々にとっての課題は、脳の感情的な部分が性的なスリル、リスクを取ること、および実験に向けて彼らを加速している一方で、危険な行動にブレーキをかけるのを助ける脳の合理的な部分が完全に発達していないことです。 これは、アルコールまたは薬物が混合されている場合、さらに困難になります。 可能な場合、若い男性は性的関係に「積極的な同意」を求め、パートナーが酔っているときに同意が与えられたと信じることに非常に注意する必要があります。 これを子供たちに教えるには、これを面白い 漫画 お茶への同意について。 それは非常に賢く、ポイントを伝えるのに役立ちます。

暗示的同意は、ある人物によって明示的に認められていないが、特定の状況(またはある場合には、人の沈黙または不作為)による事実および状況から推測される、同意の争いの形態です。 過去に、結婚したカップルは、お互いにセックスする「暗示的同意」を与えられたとみなされた。これは、配偶者の強姦訴追を禁じた教理であった。 この教義は現在、ほとんどの国で時代遅れとされている。 しかし、ポルノ中毒は、妻が同意なしに性行為を行うように強制するために、一部の男性に極端な長さをもたらす可能性があります。 見る この物語 オーストラリアから。

<<同意の年齢 実際の同意は何ですか? >>

印刷フレンドリー、PDF&電子メール