ウェブカメラ

ウェブカメラのセックス

2月に放送された「Webcam Boys」というBBC 3のドキュメンタリーは、数十億ポンドの世界的なウェブカメラ業界で報じられています。 それは英国の2016の若い男性用ウェブカムモデルの誕生以来続いています。 Webcamingは、個人の個人が、顧客に支払うためにコンピュータのカメラを介して生き生きとした性的興奮活動を行う場所である。 それはのようなものです セクスティング スマートフォンを使用していますが、規模は大きくなります。 これはポルノ業界の小さな時間です。 英国だけで100,000男性ウェブカメラパフォーマーの周りにいると考えられています。

ドキュメンタリーのために撮影されているモデルは、簡単なお金を稼ぐ方法や、性的行為を単独で、あるいは友人と一緒に演じる方法だと考えられていましたが、今は顧客の多様なフェチや幻想を満たすための賃金を支払っています。

すべてのモデルはそれをビジネスとして扱いました。 ほとんどの人が知っていたように、クライアントはまもなくバニラのセックス行為に飽きてしまって、何か新しいものを求めて、より刺激的になりました。 これは、クライアントを幸せに保つために、「モデル」は新しい人材をビジネスに募集したり、クライアントの支払いを維持するためにもっと極端な行為を自分自身で実行しなければならないということでした。

2014の女性誌に掲載された記事によると、Amazonのウィッシュリストで尋ねた贈り物の代わりに、ウェブカメラで男性のために若い女性たちが「出演する」ことがあります。 それは滑りやすい斜面です。 多くの人々は、道徳的価値観や不安な家族の違反にもかかわらず、お金に夢中になり、行動を合理化します。 多くは、それを売春の一形態とは見なさない。

ドキュメンタリーのあるモデルは、最終的には厳しい顧客を喜ばせようとする限界に達し、代わりに筋肉の資産を警備業界に売却することに決めました。

人がマテリアルを供給しているか、それを要求しているかに関わらず、この業界では、インターネットポルノへの常習が大きな貢献要因です。

深刻な組織犯罪専門家は、貧しい国の貧しい家庭にお金を払っているユーザーを追跡して、海外の顧客の性的満足感のために幼い子供たちにウェブカメラを通じて生きているセックス行為をさせる。

最近の極端な例は小児性愛者であった トレバーモンク フィリピンの若い女の子を虐待し、19のために投獄された。 トレバー・モンク氏はまた、ウェブカメラでマニラで児童性虐待を監視するために£15,000を支払った。

警察は、3月の80,000の自宅で、1,750の画像と2015の猥褻な動画を発見した。 彼は、子供の猥褻なイメージを保有し、作ること、13の下で子供を襲うこと、性的活動に従事する子供を扇動することを認めた。

彼が虐待した女の子の1人は8歳で、3歳の子供のイメージが写真の中で発見された。 裁判官Anuja Dhirは、この写真を「非常に幼い子供たちが虐待され、最も卑劣な方法で劣化しているという悲惨なイメージ」と描写しています。

これは法律上の一般的なガイドであり、法的助言を構成するものではありません。

<<ポルノ業界

印刷フレンドリー、PDF&電子メール